5000円以上の購入で送料無料!!

病院用・医療用カーテンの取り付け

天井に埋まった?実は取付けた謎の三角形の写真は何だと思いますか?


答えは、中間吊りのカーテンレールの取り付け金具。
病院や診療所・整体やマッサージ店なでよく見かける、カーテンレールの取り付け方法です。

この取付方法の特徴は、中間吊りによって天井とのすき間ができます。
カーテンレールを天井に直接取付けませんので、照明器具やエアコン・換気設備などに干渉せずに取り付けられます。


天井カセットタイプのエアコン(空調設備)では、カーテンレールを天井に直に取り付けして通常のカーテンを使用すると冷暖房の妨げとなりますが、中間吊りの取り付け方法ではその心配もありません。

画像の逆三角形の吊り棒を使った施工方法では、天井の下地(ビスが確実に止まる)に取り付けができ、トラス形状になるため大変頑丈な構造となります。

病室で、カーテンを閉じた状態でも
照明器具やエアコンを妨げずに、就寝時など各ベットのプライバシーを守ります。

Share this post



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です