5000円以上の購入で送料無料!!

タッセル金具の取り付け位置

カーテンを寄せて束ねるためには、タッセルと呼ばれるものを使います。

そのタッセルを取り付ける高さって、何かルールでもあるのでしょうか?

この取付高さに関しましてはこれが正解というのはなく、自分は窓の幅やカーテン丈のバランスをケースバイケースの判断をしながらタッセル金具の位置を決めていました。

カーテンレールメーカーの「TOSO」のカタログにはだいたいの目安として全体高さの、1/3くらいの位置にタッセルがくるように房掛け位置を決める。とあります。

高さが210cmの場合、70cm…。
ちょっと低いような気がします。

そこでネットで調べてみたところ、こちらのカーテン屋さん「カーテン屋夢工房」さまの記事がとても参考になりました!

テラス窓はタッセルの中央から下半分と上半分が、1:1.618の黄金比。
*ミロのヴィーナスやパルテノン神殿などに採用されている分割比だそうです

腰高窓はタッセルから下半分と上半分が、1:1.414の白銀比
*日本の昔ながらの建造物や、A版B版用紙など様々使われている分割比だそうです

この比率が非常に美しいということを紹介されていました。

実際はタッセルの種類の違いや、タッセル自体にアソビがあるので厳密な数値を出すのは難しいと思います。
時には不自然なケースもあります。
やっぱりカーテンで束ねた状態をつくり、離れた位置から見てバランスが良いか、悪いかを見て高さを調整しましょう。

Share this post



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です